メニューをとばして、このページの本文へ


第34回 国民文化祭・にいがた2019、第19回 全国障害者芸術・文化祭にいがた大会

文字の大きさ
拡大
標準

お知らせ

障害のあるアーティストを講師に迎えるワークショップ「つくる」開催のお知らせ

2019年2月15日お知らせ

「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」のプレイベントとして下記のとおり、ワークショップを開催します。
 障害がありながら芸術活動をしている方を講師として参加者全員で作品を制作します。障害のある方もない方も共に楽しみアートに障害の垣根がないこと、相互理解を深め、障害のある方の日常の活動の発表の場や社会参加につながることを目的としています。

                 記
○ワークショップの概要

1 開催日時:平成31年2月16日(土) 13:00~15:30
2 会  場:新潟市東区プラザ 1階エントランスホール(新潟市東区下木戸)
3 内  容:「障害のある方を講師としてみんなで共同作品をつくるワークショップ」

第1部 13:00~ 

講師 松島 菜月 さん (絵画、切り絵、手芸、アクセサリー製作など活動は多岐にわたる。今年1月には新潟市で個展を開催)  
色紙を材料に今年の干支「いのしし」の貼り絵を制作する。
第2部 14:30~

講師 立石 大  さん (会社勤務の傍ら地域活動支援センターで創作活動をしている。ペン画の他、緻密なジオラマの制作が得意)
熊本城など各種模型に塗装を施しジオラマを完成させる

カテゴリー
アーカイブ