第34回 国民文化祭・にいがた2019、第19回 全国障害者芸術・文化祭にいがた大会

文字の大きさ
拡大
標準

お知らせ

大分県閉会式にて大会旗を引き継ぎ、次期開催県としてPRを行いました!(11月25日)

2018年12月5日お知らせ

11月25日(日)、iichiko総合文化会館グランシアタ(大分県大分市)にて第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会フィナーレ・閉会式が開催されました。

式典では、大分県の広瀬勝貞知事から次期開催県として、高井盛雄副知事が国民文化祭の大会旗を引き継ぎました。

次期開催県アトラクションでは、フルーティストソングライター=笛人 本宮宏美さんのフルート演奏や長岡花火「フェニックス」の映像花火打ち上げを披露し、大分県のみなさんに新潟県の文化にふれていただきました。

グランドフィナーレの様子

会場前ホワイエでは新潟県PRコーナーを設置し、新潟大会のほか、新潟県の観光、食などの情報発信も行いました。PRに登場したマスコットキャラクタートッキッキは大分県の皆さまからも人気でした。ご来場いただいた皆様、写真撮影いただいた皆様、本宮さん、めじろん(大分県マスコットキャラクター)、ありがとうございました。

新潟県アトラクション出演者の本宮さんとトッキッキ

めじろんとトッキッキ(舞台裏にて)

 

 

 

 

 

カテゴリー
アーカイブ