メニューをとばして、このページの本文へ


第34回 国民文化祭・にいがた2019、第19回 全国障害者芸術・文化祭にいがた大会

やさしいブラウザ

お知らせ

「閉会式」を開催しました!

2019年12月2日お知らせ

 11月30日(土)14時30分から、新潟市中央区の新潟県民会館を会場に「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」の「閉会式」を開催しました。約1,500名のご来場者の皆さまと、約220名の出演者の皆さまが、一体となってステージを盛り上げ、お楽しみいただきました。誠にありがとうございました。
 9月15日(日)に開幕し、77日間に渡って開催した、令和初、新潟県開催も初となる本文化祭も、この閉会式をもって閉幕いたしました。開催期間中、文化祭にご参加・ご協力いただきました、すべての皆さまに厚く御礼申し上げます。
 ありがとうございました!

【閉会式プログラム】
◆総合司会
 鬼木 笑
 中村 博和
◆オープニング(出演団体)
 ○若者によるステージ「文化ふっとつ新潟!」
 ・新潟県立羽茂高等学校 郷土芸能部
 ・長岡市立高等総合支援学校、新潟県立新発田竹俣特別支援学校
 ・市山流 古町芸妓
 ・新潟清心女子中学・高等学校、新潟青陵大学・短期大学部、新潟医療福祉大学 各ダンス部
 ・永島流新潟樽砧伝承会
 ・双子姉妹の津軽三味線Duoみさミサ、新潟大学教育学部書道分野専攻














◆式典
 ○主催者挨拶 
 ・文化庁次長 今里 讓
 ・厚生労働省社会・援護局 障害保健福祉部長 橋本 泰宏
 ・第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会会長 新潟県知事 花角 英世
 ○大会旗引継ぎ
 ○次期開催県挨拶 宮崎県副知事 郡司 行敏








◆宮崎県アトラクション
 ○高千穂の夜神楽(押方五ヶ村神楽保存会)
 ○アルケミストによるステージ








◆グランドフィナーレ
<新潟の”人の文化”を世界へ、そして未来へ>
・若者によるステージ出演者のみなさん、えちごせきかわ大したもん蛇まつり、新潟総踊り



カテゴリー
アーカイブ