メニューをとばして、このページの本文へ


第34回 国民文化祭・にいがた2019、第19回 全国障害者芸術・文化祭にいがた大会

やさしいブラウザ

お知らせ

PRサポーターのインタビューとコラムをまとめた冊子を作成しました。

2019年11月28日お知らせ

文化祭の開催にあたり、文化祭の機運醸成を図り、多くの方々に様々な文化の魅力を紹介させていただくために、新潟県内外の様々な皆様にPRサポーターとして、音楽、美術・デザイン、文芸・舞踊、食、歴史等多様な文化についてのインタビューやコラムのご執筆にご協力いただきました。
この度、PRサポーターの皆様の貴重なインタビューやコラムに、新潟県の各所属のコラムを加え、冊子としてとりまとめさせていただきました。

〇PRサポーター
新潟大学 髙橋姿学長、アルビレックス新潟 川口尚紀選手等 81人、7団体
(インタビューやコラムの執筆にご協力いただいた方々は、うち79人、5団体)

〇冊子掲載のインタビュー、コラム
100篇
※複数のインタビューやコラムをご執筆いただいた方もいらっしゃいます。

〇閲覧場所
インタビューやコラムは、文化祭のホームページ(https://niigata-futtotsu.jp/)の他、新潟県立図書館等でご覧いただけます。

【本件についてのお問い合わせ先】
第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会
事務局:新潟県県民生活・環境部文化振興課 小川 
(直通)025-280-5123(内線)2246

カテゴリー
アーカイブ