メニューをとばして、このページの本文へ


第34回 国民文化祭・にいがた2019、第19回 全国障害者芸術・文化祭にいがた大会

やさしいブラウザ

舟づと(美豆伎庵 金巻屋)

株式会社金巻屋のスイーツライン菓子「舟づと」

美豆伎庵金巻屋様から新潟・阿賀スイーツライン事業にご参加いただきました。
4 代目店主の金巻様から、スイーツライン菓子「舟づと」についてお話を伺いました。


北前船で栄えた港町新潟をイメージした渾身の一品
「舟づと」は、かつて北前船で栄えた新潟を表現した和菓子です。新潟市の名産品であ
るくろさき茶豆を細かく砕き練り込んだ餡は、枝豆独特の味を残しつつ、口の中で溶けるよう
な甘さにするため、配合や練り方を何度も試行錯誤しました。若い人や外国の方が手に取
りやすく、仲間で分け合って食べやすいように、大きさはあえて一口サイズとしていま
す。また、表面のツブツブは、美容にいいとされるエゴマをまぶしてあり、ゴマと枝豆の
風味が甘い餡とマッチし、絶妙なおいしさに仕上がっています。帆掛け船のオリジナル焼
き印の姿も相まって、かつて北前船で栄えた湊町新潟を彷彿とさせます。


北前船を模した容器はインパクト抜群

新潟の思い出の一つとしてほしい

「舟づと」の「づと」とは「お土産」という意味です。新潟が誇るくろさき茶豆を使用している
こと賞味期限も10 日間あることから、遠方からきたお客様には、是非お土産にしてほしい商品
となっています。また、北前船を模した容器になっているので、食べる前から「どこのお土産
なのか」という会話が弾みそうですね。

金巻屋は歴史的な出来事とともに成長した
金巻屋が現在の場所で創業したのは明治4年。開港五港の一つとして新潟港が開港してから2 年後の出来事です。それから148 年、新潟大火で店舗が全焼する苦難がありつつも、大河津分水の完成時には祝菓子を納めるなど、新潟とともに成長してきた菓子店です。2 代目店主は、新潟の魅力を全国へ届けようと、全国菓子大博覧会を新潟に誘致するなど、金巻屋は代々県内外へ魅力を発信しつづけています。

4 代目は、新潟文化を後世に伝えるため、開港当時の面影を残した店舗を数寄屋風に改装した

伝統を守るか変化をするか最大のジレンマ
金巻屋はもともと和菓子と洋菓子の両方を製造販売していました。洋菓子販売は創業当時と
しては珍しく、多くのお客様に好評でしたが、ただ、西洋文化が日本に浸透すると、だんだん
と洋菓子店が増え、近年の大型店や百貨店などの勢いに押され始めました。4 代続いてきた伝
統を守り抜くか、それとも時代に合わせた菓子店として生まれ変わるか、最大のジレンマがや
ってきます。結果、4 代目が出した答えは、和菓子専門にすることでしたが、単純に和菓子だけを作るということではありません。伝統的な和菓子を守り続けるだけでなく、学生とのコラボ商品を製作したり、外国人留学生を店に受け入れるなど、新しい時代に応じた事業を展開しています。まさに開港と共に変化してきた新潟のように、金巻屋自体も進化を続けているのです。

学生とコラボした「カミフルぽっぽ」(右下)など、
4 代目の意欲作がずらりと並ぶ

芸妓さんも通い詰めた老舗
古町の華、古町芸妓。お座敷で数多くのお客様をおもてなしをする芸妓たちも、甘いお菓子を
求めてお忍びで金巻屋に通っていたそうです。「新潟の顔」ともいえる芸妓さんからの人気
は、金巻屋自体が、いかに地元から愛されているかの証にもなりますね。

和菓子とはすなわち「我が師」である
和菓子を作っていると、学ぶべきことが多い。単純に味だけおいしいお菓子を作るのではなく、人と人とを繋ぐお菓子を作っていかなければいけない。そのためには、お客様と金巻屋を繋ぐお菓子を作ることが必要だと感じたそうです。

過去には、あるお方が召し上がった「米万代」で金
菓賞も受賞している

その繋がりを持つためにはどのような方法が最善か。和菓子職人にとって決して簡単ではない答えを導き出すために、これからも和菓子を師匠としながら、金巻屋の挑戦は続きます。


開港当時の様子を感じることができる店内は、ゆったりとした空間で心も癒されます

国民文化祭を起点に交流が生まれてほしい
新潟港が開港すると、多くの人や物資が行き交い、様々な交流が生まれました。
国民文化祭は、国内最大の文化の祭典であり、県内外から多くの観光客が新潟を訪れます。「新潟開港の歴史を知ってもらいながら、金巻屋という和菓子店を知ってもらういい機会であり、かつて北前船が新潟湊町を賑やかしたことから、「『舟づと』が現代の北前船となり全国へ発信されることに期待したい」と店主は意気込みます。是非、金巻屋に寄って、国民文化祭を楽しんでください。

凛とした風格漂う4 代目店主から、人情あふれるお
話をたくさん伺いました

 

商品情報
商品名:舟づと
価 格:5個650 円(税別)
店舗情報
店名:美豆伎庵 金巻屋
住所:〒951-8063 新潟市中央区古町通3-650
電話:025-222-0202 FAX:025-222-2669
営業時間:8:00~17:30 年中無休
公式HP:https://kanemakiya.wixsite.com/mizukian