メニューをとばして、このページの本文へ


第34回 国民文化祭・にいがた2019、第19回 全国障害者芸術・文化祭にいがた大会

やさしいブラウザ

弥彦・三条エリア(三条市・加茂市・燕市・弥彦村・田上町)

 

コア事業


テーマ:暮らしに息づく「ものづくり」文化

「匠のわざ」の凄さが伝わる逸品の展示や、ものづくり体験、職人の胃袋を支えた食文化を味わうことなどを通じて、当地の暮らしの中に息づく「ものづくり」の文化を感じてもらう事業を展開します。

 

〇トークセッション

『「ものづくり」の未来を語ろう!(仮)』

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも燕三条地域が「ものづくり」のメッカとして存続していくために、今、そしてこの先何をすべきなのか。経営者、若手職人、そして未来を担う若者がそれぞれの立場から語り、学び、考えるトークセッションを開催します。

 

〇笛人 本宮 宏美「ふるさとミニコンサート(仮)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燕市出身で、加茂市のスタジオをベースに音楽制作に取り組むフルート奏者の“笛人 本宮宏美”さん。国民文化祭の300日前イベントや大分県閉会式での新潟県ステージにも出演した彼女が“ふるさと”で開催するミニコンサート。

 

 

市町村主催事業


越後三条文化祭~秋を彩る越後三条、文化一色!~(三条市)

全日本大民謡大会(加茂市)

燕市障がい者作品展(燕市)

車いすダンスパフォーマンス(燕市)

合同発表会「秋の祭典」(燕市)
新潟の版画-その原点と飛躍展-(弥彦村) 子どもアートの祭典記念モニュメント~伝え継ぐKATATI~(田上町)