メニューをとばして、このページの本文へ


第34回 国民文化祭・にいがた2019、第19回 全国障害者芸術・文化祭にいがた大会

やさしいブラウザ

みなと浪漫(童心菓匠 丸屋本店)

童心菓匠 丸屋本店のスイーツライン菓子「みなと浪漫」

童心菓匠 丸屋本店様から新潟・阿賀スイーツライン事業にご参加いただきました。
スイーツライン菓子「みなと浪漫」の魅力や丸屋本店様の歴史について特集します。


港で栄えた新潟の街を映す新しい名菓

「みなと浪漫」は、伝統的なフランス菓子であるフロランタンをもとに作られています。地元新潟で丁寧に作られた「塚田ホワイトバター」と、新鮮な採れたて地玉子を使った生地に、カリフォルニア産アーモンドを使用したプラリネをのせて焼き上げており、アーモンドそのものの香りとコーティングしたチョコレートの絶妙な口触りを楽しめます。

古町地区の発展とともに成長した丸屋本店

古町十字路の丸屋本店正面

北前船の寄港地として栄えた湊町新潟は、多くの人々や物資が集まり、明治時代には人口が全国1 位になるまで成長しました。中でも古町は、祇園(京都)、新橋(東京)と並び三大花街と呼ばれました。新潟市無形文化財1 号である日本舞踊市山流をはじめ様々な文化が息づくこの街で、丸屋本店は明治11 年から店を構え、141 年間営業を続けながら、街の活気や繁栄と共に成長してきました。

 

日本海に沈む美しい夕日がモチーフになっている

新潟・古町を活気づけ、復活させたい

古町の繁栄を知る丸屋本店だからこそ、ここ最近の活気のなさには、危機感を持っています。古くからある店が次々と撤退し、人が集まるきっかけがどんどんと失われています。そんな古町を、北前船で栄えた新潟の街を再び活気づけたい。そういう思いを込めて製作したお菓子が「みなと浪漫」です。「みなと浪漫」の半分はチョコレートでコーティングされており、チョコレート部分を下にすると、夕日が日本海に沈んでいるように見えます。美しい夕日やみなとをテーマに新潟の発展を願う、そんな思いが「みなと浪漫」に込められているのです。

「童心菓匠」という言葉に込めた様々な思い

紫陽花をモチーフにした美しい和菓子

「素朴にして純、子どものような心を持つ良寛さまと同じようにひたむきにつくるお菓子に、越後の風土を映したい。」これが「童心菓匠」という言葉に込めた丸屋本店の哲学です。この哲学のもと、「高品質で美味しい、本物のお菓子づくり」「安心のお菓子づくり」「季節の『旬』を大切に、創造的で楽しいお店」「おもてなしの保証」「お取り替えの保証」という5つの誓いを立て、お店都合ではなく、お客様都合でお菓子を作ることを最も大切にしているそうです。今回スイーツライン菓子に登録いただいた「みなと浪漫」も同様です。

季節に合わせた商品も並ぶ

アーモンドの加工を本社工場でわざわざ行うのも、素材そのものの美味しさをお客様に味わっていただくため。添加物を極力使わないようにしているので、賞味期限も短くなり、コスト高にもなってしまいますが、「本物の味」をお客様に味わっていただくことが、誓いに対する姿勢です。お客様を思い、自分たち自身に厳しくあり続けることが、丸屋本店という菓子店を唯一無二の存在にしているのです。創業以来、新潟を知り尽くした丸屋本店だから持つ地域への思いを、お菓子という形にすることで地元に恩を返し、新潟が発展するきっかけを作る。お菓子屋としての使命をお菓子に託しながら、丸屋本店はお客様・地元のためにこれからも営業を続けていきます。

お菓子づくりは、心でつくる 手のしごと

店の奥には「丸屋茶寮」という休憩スペースもある

丸屋本店の理念のひとつに、「お菓子づくりは、心でつくる 手のしごと」というものがあります。お菓子は人と人を繋ぐ大事な役割を担っています。だからこそ、お菓子を作る際には、人間による、温もりのある、心のこもった「手のしごと」を基本としています。一方で、冠婚葬祭や祝宴に用いる式菓子の需要が昔より低くなっていることも肌で感じているようです。そういう時代だからこそ、国民文化祭を契機にいろいろな方にお菓子を食べてもらい、お菓子に込められた作り手の思いを感じることで、人々に幸せになってほしいと丸屋本店は考えています。
国民文化祭は国内最大の文化の祭典です。新潟で開催されるこの機会に、新潟の文化や歴史、街そのものを見つめ直すきっかけとして、丸屋本店に足をお運びいただき、ぜひ「みなと浪漫」を召し上がってください。

商品情報
商品名:みなと浪漫
価 格:1個200 円(税抜)
店舗情報
店名:童心菓匠 丸屋本店
住所:〒951-8065 新潟市中央区東堀通6 番町1038
電話:025-229-3335 FAX:025-229-3337
営業時間:9:30~20:00 定休日:なし
公式HP:http://www.maruyahonten.com/